HOME>記事一覧>切らないプチ整形と切る二重整形があること

切らないなら埋没法

 カウンセリング

整形の中でも、幅広い年齢そうから支持されているのが二重整形です。ただし、メスを入れて二重手術をするのは少し抵抗を覚える、という人も中にはいるものです。二重手術に抵抗があるようならば、切らない埋没法で二重正解をしてみることです。埋没法では、髪の毛よりもさらに細い糸を用い、その意図を皮膚に通して二重のラインを人工的に作り出します。麻酔をするので痛みはなく、切開をしないのでダウンタイムは数日程度で、少し腫れるだけなので周囲から生計をしたことを気づかれることもありません。それでいて、ぱっちり二重に慣れるのです。

切開法で理想とする二重になれる

手軽な埋没法ですが、理想的な二重のデザインを求めるのであれば、やはり切開をする必要があります。なぜ切開をするとよいのかというと、切開をすることによって二重のデザインの幅を広げ、自由自在に二重のラインを決めることができるからです。また、切開法にはミニ切開法という二重手術の方法が確立されています。ミニ切開法では、部分的にまぶたに切込みを入れ、その筋に合わせて二重正解をする方法です。これによって、厚みのあるまぶたの人でも、きれいな二重になることができるようになりました。

広告募集中