HOME>アーカイブ>二重手術って一生持続する?誰もが知らないことを教えます

二重手術後の持続期間について

埋没法なら3年~10年程度の持続性があります。ただし、途中で糸が切れてしまうなどのデメリットも。保証が付いた美容外科で受けましょう。

二重手術の方法や費用、所要時間について

埋没法ならメスを使わない

糸を埋没させて二重を作る方法ならダメージが少ないです。

ダウンタイムが必要な切開術

脂肪をとるなどの処置を合わせて行う二重手術です。

費用は病院によって異なる

術式の特徴があるので、6万~10万円が相場です。

手術時間は数十分程度です

短時間の手術時間で終了します。難しい手術ではありません。

保証期間は術式によって異なる

1年~5年など術式によって保証期間が変わります。

全切開法で腫れぼったさの解消

女性

プチ整形と呼ばれる二重整形はたしかに手軽ではありますが、まぶたが腫れぼったいという特徴のある人にとっては適した施術方法ではありません。まぶたの厚みがあるので、そこに埋没法で二重整形をすると、不自然に見えてしまいます。そこで、腫れぼったいまぶたの人は、全切開法という二重手術を取り入れることで、厚みを軽減することが可能です。まぶたの厚みは脂肪によることから、脂肪を除去して厚みを減らし、スッキリとした目元に仕上がります。

目の大きさや形を変える手術

二重整形

目と目の比率が1対1であるということが、大人っぽい目元の黄金バランスと言われています。そこで、目が離れている場合には目頭切開という目の幅を狭くする二重手術をすることで、バランスを良くすることができます。他方で、目尻切開をすることにより、目の幅を広くすることができ、また、涼やかで魅力的であると言われる切れ長の目元にすることができます。このように、二重手術を複数組み合わせれば、目の大きさや形を自由に変更できます。

手軽さを求めるなら埋没法

女性

手軽で費用も安く、それでいてすぐに理想的な二重になることができると評判となっているのが、二重埋没法です。プチ整形友いわれていて、二重手術の手法の中でもメスを使わず、極細の糸を使って理想的な二重のラインを作り出します。

広告募集中